オプションの必要性について

2時後の判定時に実のところのレートがあらかじめ設定された2つの水準値段の範囲内に納まるか如何にかを予見する取引です。
レンジオプション」では規格値段が2つあるため、一見「ラダーオプション」よりも敷居が高いように思われますが、設定されるレベル費用の奥行きによってはむしろ予見しやすい事例も多々あるというのが特色です。

しかしながら、「ラダーオプション」同じく、判定時という「ピン極意な瞬間のレートを予想する」という点での困難なさは変化しません。

ワンタッチオプション」は、「判定時に如何になっているか」というピン要点な瞬間を見当するのではなく、「判定時までに、一度でも実のところレートが水準代金にタッチするか如何にか」を予見する取引です。

それにより、ピン着目点な時期を予想するという困難なさはなく、びしっとしたFXの知識と経験のある人にとっては、設定されるレベル代金とその時の時価状況にもよりますが、3つの中で最も予想しやすい取引といえるでしょう。

バイナリーオプションでは、取引も「2択」と控えめですが、危険性・リターンも「oか100か」という控えめなルールになっています。

FXのようにレートが動いた分の危険性・リターンではなく、「勝てば掛け金が最大限2倍近くに(参加瞬間よって変化)、負ければ掛け金は没収」というハイリスク・ハイリターンな取引です。

さらに、参加瞬間によっては「勝っても1.2倍程度にしかならないのに、負ければゼロ」というような時もありますので、その事例には「ハイリスク・ローリターン」といえる取引でもあります。

バイナリーオプションでは、2時程度の時軸でレートの動きを予想しなければいけませんが、そもそもレートの動きを見当する事自体が大いに困難なうえに、2時という短い期間で如何になるかまでを的確に予想するのは無理であり、ほぼギャンブルに等しい取引といえます。

いつものFXに於いても、「レートが上がるか下がるかを予見する」のは同じですが、「レートが十分に下がりきった状況で、過去の安値のバックアップラインで反発した瞬間でエントリー」等、水準を満たすまでの根拠のあるエントリー見所を自身で見定めてエントリーする事から、バイナリーオプションとはレート予想の特性も確度も全く異なります。

適当な機会のレートが数時後に如何になるかを確度高く予見するテクニックはなく、どんだけ勉学を重ねたとしてもバイナリーオプションで勝ち続ける事は極めて困難です。